不動産流動化事業(読み)フドウサンリュウドウカジギョウ

デジタル大辞泉の解説

ふどうさんりゅうどうか‐じぎょう〔フドウサンリウドウクワジゲフ〕【不動産流動化事業】

新築または改築・改造して価値を高めた商業ビルや住宅ビルなどを売却して収益を上げる事業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android