両掛(読み)リョウガケ

デジタル大辞泉「両掛」の解説

りょう‐がけ〔リヤウ‐〕【両掛(け)】

荷物をひもで結んで前と後ろに振り分け、肩に担ぐこと。
江戸時代の旅行用の行李(こうり)の一。挟箱(はさみばこ)や小形のつづらを棒の両端に掛け肩に担いだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる