荷物(読み)にもつ

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐もつ【荷物】

〘名〙
① 運搬・運送する品物・貨物。荷。〔廻船式目(15C中か)〕
② 転じて、負担になるもの。やっかいもの。おにもつ。
※狂歌・吾吟我集(1649)六「おもひにしこがれてしづむわが恋は小舟に過た荷物なりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

に‐もつ【荷物】

運搬・運送する品物。
重荷に感じられるもの。負担となるもの。お荷物。「とんだ荷物をしょいこむ」「皆のお荷物にはなりたくない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荷物の言及

【車扱貨物】より

…コンテナーを使用して運送する貨物はコンテナー貨物とよぶ。ちなみに,JRにより物を運ぶ場合,物はその大きさ,重量,種類により,荷物と貨物に区分される。一般に,物の長さが3m,重量が50kgまでのものは荷物(鉄道荷物)とされ,それを超えるものが貨物としての取扱いとなる。…

※「荷物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android