つづら

日本大百科全書(ニッポニカ)「つづら」の解説

つづら
つづら / 葛籠

調度品の一種で、衣服などを入れる、ツヅラフジで編んだ蓋(ふた)付きの箱。葛籠、衣籠、羅などと書いてツヅラと読む。古くはツヅラフジのつるを用いて、縦を丸づる、横を割づるで編み、四方のすみと縁はなめし革で包んでつくったという。のちにはタケ、ヒノキの剥片(はくへん)を網代(あじろ)に編み、さらに近世では、これに紙を張り、柿渋(かきしぶ)・漆などを塗るものも現れたが、形はおおむね長方形で、蓋付きのものであった。元禄(げんろく)(1688~1704)の初め、江戸・神田鍋(なべ)町の葛籠屋甚兵衛(じんべえ)がつくりだしたという万年葛籠は婚礼調度品の一つに数えられ、金紋・蒔絵(まきえ)の高級品もあった。また京都の島原では揚屋(あげや)入りの女郎の寝道具を葛籠に入れて運んだという。葛籠は江戸、京都、大坂などに葛籠師がいて、これを製造し、大正期まで広く一般家庭に用いられていたが、今日ではほとんど廃れてしまった。

[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android