コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つづら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

つづら
つづら / 葛籠

調度品の一種で、衣服などを入れる、ツヅラフジで編んだ蓋(ふた)付きの箱。葛籠、衣籠、葛羅などと書いてツヅラと読む。古くはツヅラフジのつるを用いて、縦を丸づる、横を割づるで編み、四方のすみと縁はなめし革で包んでつくったという。のちにはタケ、ヒノキの剥片(はくへん)を網代(あじろ)に編み、さらに近世では、これに紙を張り、柿渋(かきしぶ)・漆などを塗るものも現れたが、形はおおむね長方形で、蓋付きのものであった。元禄(げんろく)(1688~1704)の初め、江戸・神田鍋(なべ)町の葛籠屋甚兵衛(じんべえ)がつくりだしたという万年葛籠は婚礼調度品の一つに数えられ、金紋・蒔絵(まきえ)の高級品もあった。また京都の島原では揚屋(あげや)入りの女郎の寝道具を葛籠に入れて運んだという。葛籠は江戸、京都、大坂などに葛籠師がいて、これを製造し、大正期まで広く一般家庭に用いられていたが、今日ではほとんど廃れてしまった。[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

つづらの関連キーワード滋賀県長浜市西浅井町菅浦熊本県玉名郡南関町関東滋賀県長浜市湖北町尾上七曲がり・七曲り葛籠馬・葛篭馬増田 稲太郎両掛け・両掛アリオスト葛籠・葛篭増田稲太郎伏見三寸土俵空穂蓮の葉葛上田秋成かみえび舌切り雀星野之宣水口細工張り皮籠擬古文体

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つづらの関連情報