両端(読み)りょうたん

精選版 日本国語大辞典「両端」の解説

りょう‐たん リャウ‥【両端】

〘名〙
方のはし。りょうはし。両極。⇔一端
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「搭袈裟のとき、両端ともに左臂肩にかさねかくるなり」 〔礼記‐中庸〕
② 始めと終わり。本末。首尾。→両端を叩く
③ 相反する心。ふたごころ。二心。→両端を持する。〔新撰字解(1872)〕
④ 異なる二つの事柄。二様の事柄。
※本朝文粋(1060頃)二・封事三箇条〈菅原文時〉「得風聞於万里、成狐疑於両端」 〔魏志‐盧毓伝〕

りょう‐はし リャウ‥【両端】

〘名〙 (「りょうはじ」とも) 両方のはし。りょうたん。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「帯のむすびは吉彌むすびとて、たうけんの耳のたれたるごとく、二つむすびの両はしをだらりとさぐるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両端」の解説

りょう‐たん〔リヤウ‐〕【両端】

両方のはし。りょうはし。「橋の両端
物事の始めと終わり。本末。首尾。
どっちつかずの態度。ふたごころ。
[類語]両方二手両面両人両者両名双方双方向両側両様両両両輪バイラテラルはなはしっこすえさき先っぽ突先とっさき突端とっぱな先端せんたん突端とったん末端まったん一端いったんヘッドあたま尻尾しっぽ

りょう‐はし〔リヤウ‐〕【両端】

《「りょうはじ」とも》両方の端。りょうたん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「両端」の解説

【両端】りよう(りやう)たん

両はし。前後左右。〔論語、子罕〕子曰く、(われ)知ることらんや。知ること無きなり。鄙夫(ひふ)りてに問ふ。如たり。我、の兩端を叩きて、焉(こ)れを竭(つく)せり。

字通「両」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android