両端(読み)りょうたん

精選版 日本国語大辞典「両端」の解説

りょう‐たん リャウ‥【両端】

〘名〙
① 両方のはし。りょうはし。両極端。⇔一端
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「搭袈裟のとき、両端ともに左臂肩にかさねかくるなり」 〔礼記‐中庸〕
② 始めと終わり。本末。首尾。→両端を叩く
③ 相反する心。ふたごころ。二心。→両端を持する。〔新撰字解(1872)〕
④ 異なる二つの事柄。二様の事柄。
※本朝文粋(1060頃)二・封事三箇条〈菅原文時〉「得風聞於万里、成狐疑於両端」 〔魏志‐盧毓伝〕

りょう‐はし リャウ‥【両端】

〘名〙 (「りょうはじ」とも) 両方のはし。りょうたん。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「帯のむすびは吉彌むすびとて、たうけんの耳のたれたるごとく、二つむすびの両はしをだらりとさぐるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両端」の解説

りょう‐はし〔リヤウ‐〕【両端】

《「りょうはじ」とも》両方の。りょうたん。

りょう‐たん〔リヤウ‐〕【両端】

両方のはし。りょうはし。「橋の両端
物事の始めと終わり。本末。首尾。
どっちつかずの態度。ふたごころ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android