コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央即応集団 チュウオウソクオウシュウダン

2件 の用語解説(中央即応集団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐そくおうしゅうだん〔チユウアウソクオウシフダン〕【中央即応集団】

防衛大臣直轄の陸上自衛隊部隊。テロやゲリラ戦に対応する特殊作戦群、生物化学兵器に対応する中央特殊武器防護隊、海外派兵要員を教育する国際活動教育隊などからなる。平成19年(2007)創設。CRF(Central Readiness Force)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中央即応集団

陸上自衛隊に今春創設される。司令部は朝霞駐屯地で、総勢約3200人。国内のテロやゲリラ攻撃に迅速に対処するため、精鋭の「第1空挺(くうてい)団」や、生物化学兵器のテロに対処する「第101特殊武器防護隊」、新設する国際活動教育隊などの専門部隊を集約し、海外派遣の司令塔役も担う。07年度中に約700人の「中央即応連隊」が加わり、国内で政経中枢の防護やテロ、大規模災害時の増援部隊となる一方、海外への先遣隊の役割を担う。自衛隊初の常設の海外待機部隊ともなる。

(2007-01-10 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央即応集団の関連キーワード航空自衛隊自衛艦隊陸上自衛隊司令部自衛隊生徒WAC駐屯地予備自衛官補北海道の陸上自衛隊埼玉県朝霞市

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中央即応集団の関連情報