コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物化学兵器 セイブツカガクヘイキ

デジタル大辞泉の解説

せいぶつかがく‐へいき〔セイブツクワガク‐〕【生物化学兵器】

生物兵器化学兵器核兵器に比べると材料の入手や製造などが容易であることから、「貧者の核兵器」とも呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいぶつかがくへいき【生物化学兵器】

生物兵器と化学兵器の併称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の生物化学兵器の言及

【731部隊】より

… 日本における生物兵器の研究・開発は,1932年8月,陸軍軍医学校に3等軍医正(当時,少佐に相当)石井四郎を主幹とする防疫研究室が設置されたことに始まる。また,同年石井は満州に赴き,ハルビン近郊背陰河に関東軍防疫班(秘匿名,加茂部隊)を設立し,以後,生物化学兵器に関して,防御面は軍医学校,攻撃面(兵器開発と実戦)は満州の部隊で進められることになった。関東軍防疫班は36年に関東軍防疫部(秘匿名,東郷部隊,部隊長は石井)となり,38年から39年にかけてハルビン近郊平房に本部・実験施設を移転,ノモンハン事件に際して初めて細菌戦を実施した。…

※「生物化学兵器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生物化学兵器の関連キーワード国連大量破壊兵器廃棄特別委員会オーストラリア・グループコンベンショナルウエポン国連監視検証査察委員会ブッシュ・ドクトリン生物・化学兵器の禁止湾岸戦争恒久停戦決議パグウォッシュ会議化学兵器禁止条約生物兵器禁止条約調整池のアオコ特定通常兵器大阪市消防局弾道ミサイル大量破壊兵器クルド人虐殺特定有害活動巡航ミサイル中央即応集団生物化学戦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物化学兵器の関連情報