丸谷 喜市(読み)マルヤ キイチ

20世紀日本人名事典の解説

丸谷 喜市
マルヤ キイチ

明治〜昭和期の経済学者 神戸大学名誉教授。



生年
明治20(1887)年10月3日

没年
昭和49(1974)年7月10日

出生地
北海道函館市

学歴〔年〕
神戸高商卒,東京高商専攻部〔明治45年〕卒

学位〔年〕
経済学博士〔昭和10年〕

経歴
長崎高商を経て、大正6年神戸高商教授。7〜10年欧米留学、昭和4年学制改革で神戸商科大教授となり経済原論担当。17年学長。21年依願免官、神戸経済大、神戸大各名誉教授。のち関東学院大教授から26年甲南大教授、同大図書館長、経済学部長、教養部長を経て42年退職、大阪産大教授を務めた。著書に「経済学原論」「経済生活の本質及現象形態」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android