コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹下乙蔵 たんげ おとぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹下乙蔵 たんげ-おとぞう

?-? 江戸時代後期の農民。
常陸(ひたち)(茨城県)の人。文政12年(1829)父音吉が郷士西野藤十郎に殺される。10年余にわたり各地をさがしもとめ,天保(てんぽう)11年4月9日江戸で父の仇(かたき)を討った。のち水戸藩同心にとりたてられた。名は音蔵ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹下乙蔵の関連キーワード乙蔵農民常陸

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android