常陸(読み)ヒタチ

大辞林 第三版の解説

ひたち【常陸】

旧国名の一。ほぼ茨城県北東部に当たる。常州じようしゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひたち【常陸】

東海道一五か国の一国。大化改新後に、高(多珂)・久自(久慈)・仲(那賀)・新治・筑波・茨城の六か国を統合して一国となる。南北朝室町時代佐竹氏が守護、江戸時代は水戸藩ほか一二藩に分立廃藩置県後、茨城県と新治(にいばり)県とに分かれたが、明治八年(一八七五)合併して茨城県の北東部を占める。常州。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸の関連情報