コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主殺し シュウゴロシ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ごろし【主殺し】

主人または主君を殺すこと。また、殺した者。江戸時代では、親殺し以上に凶悪な大罪とされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうごろし【主殺し】

君主・主人を殺害すること。また、殺害した人。江戸時代、逆罪ぎやくざいとされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主殺しの関連キーワード恩讐の彼方に・恩讎の彼方にハルモディオス鋸挽き・鋸引き死骸塩詰め野口男三郎直助権兵衛大槻朝元三尺高し大鳥逸平春雨物語御尋ね者尼ヶ崎鋸引き家焼き主人刑具縁坐君主獄門逆罪

主殺しの関連情報