コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主人 シュジン

2件 の用語解説(主人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐じん【主人】

家の長。一家のぬし。また、店のぬし。あるじ。「隣家の主人」「老舗(しにせ)の主人
自分の仕える人。雇い主など。「主人の不興を買う」
妻が他人に対して夫をさしていう語。「主人は出張しております」
客を迎えてもてなす立場の人。「主人役をつとめる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅじん【主人】

一家のあるじ。 「店の-にかけあう」
妻が夫をさしていう語。また、他人が、人の夫をさしていう語。 「 -に相談してからお答えします」 「御-によろしく」
自分の仕えている人。雇い主。
客をもてなす側。ホスト。 「 -役として接待につとめる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の主人の言及

【もてなし】より

…ホメロスの《イーリアス》の中に,敵対する2人の戦士が,互いの先祖がもてなしによって結ばれた関係にあることを知ると,ただちに戦いをやめるという有名なエピソードがあるが(詳しくは後述),それなどはホメロスの時代のギリシアにおいて,もてなしの紐帯(ちゆうたい)が〈相続〉されるものであったことを物語るものであろう。シンボルsymbolという今日では象徴一般を意味する語は,そのもとをたどれば古代ギリシア語のシュンボロンsymbolonであり,これはもてなしによって結ばれた紐帯の〈しるし〉として主人が客人に与えた指輪や硬貨の半片を指したといわれるが,そのような〈シンボル〉も家系をたどって子孫に伝えられたのである。 また,飲食,宿舎,衣類など,客に分け与えられるもののうち,とくに飲物と食物はもてなしにとって本質的な意義をもっている。…

※「主人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

主人の関連キーワード家主桂男荷主女房家主日野塗物主槍一筋の主アヌシー湖序題園神

主人の関連情報