主君(読み)シュクン

  • すくん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自分の仕える君。君主。主人。すくん。
※方丈記(1212)「官、位に思をかけ、主君のかげを頼むほどの人は」
※説経節・目連記(八太夫正本)(1687)初「うてとの給ふは、そうおんのしゅぐん、うたれさせ給はんもしゅぐん」 〔礼記‐聘義〕
〘名〙 仕える君。君主。主人。しゅくん。
※枕(10C終)二七八「この中のすくんにはわが君こそおはしませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主君の関連情報