主君(読み)しゅくん

精選版 日本国語大辞典「主君」の解説

しゅ‐くん【主君】

〘名〙 自分の仕える君。君主。主人。すくん。
※方丈記(1212)「官、位に思をかけ、主君のかげを頼むほどの人は」
※説経節・目連記(八太夫正本)(1687)初「うてとの給ふは、そうおんのしゅぐん、うたれさせ給はんもしゅぐん」 〔礼記‐聘義〕

す‐くん【主君】

〘名〙 仕える君。君主。主人。しゅくん。
※枕(10C終)二七八「この中のすくんにはわが君こそおはしませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android