主君(読み)しゅくん

精選版 日本国語大辞典「主君」の解説

しゅ‐くん【主君】

〘名〙 自分の仕える君主。主人。すくん。
※方丈記(1212)「官、位に思をかけ、主君のかげを頼むほどの人は」
※説経節・目連記(八太夫正本)(1687)初「うてとの給ふは、そうおんのしゅぐん、うたれさせ給はんもしゅぐん」 〔礼記‐聘義〕

す‐くん【主君】

〘名〙 仕える君。君主。主人。しゅくん。
(10C終)二七八「この中のすくんにはわが君こそおはしませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「主君」の解説

【主君】しゆくん

君主。君たる人。〔史記、甘茂伝〕、樂羊をして將として中山を攻めしむ。三年にして之れを拔く。樂羊りてを論ず。侯之れに謗書一篋(けふ)を示す。樂羊、再拜稽首(けいしゆ)して曰く、此れ臣の功に非ざるなり。君の力なりと。

字通「主」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android