久邇宮朝彦親王(読み)くにのみや あさひこしんのう

美術人名辞典の解説

久邇宮朝彦親王

伏見宮邦家親王の第四王子。久邇宮第一代。神宮斎主。青蓮院宮・粟田宮・獅子王院宮・尹宮・中川宮・尊融法親王等の称号がある。本能寺の僧日慈の門に入り儒仏の書を学ぶ。親王宣下を蒙り、名を成憲、のち尊応と改める。二品に叙せられ、天台座主に補された。明治24年(1891)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android