コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川宮朝彦親王 なかがわのみや あさひこしんのう

1件 の用語解説(中川宮朝彦親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川宮朝彦親王 なかがわのみや-あさひこしんのう

1824-1891 幕末-明治時代の皇族。
文政7年1月28日生まれ。伏見宮邦家親王の4男。仁孝(にんこう)天皇の養子。嘉永(かえい)5年青蓮院(しょうれんいん)門跡(もんぜき)となるが,安政5年幕府の条約調印に反対して隠居。文久3年還俗(げんぞく),八月十八日の政変を画策した。明治8年新宮号をあたえられ久邇宮(くにのみや)家初代となる。伊勢神宮祭主をつとめた。明治24年10月29日死去。68歳。幼称は富宮。別称は青蓮院宮,賀陽(かやの)宮。法名は尊応,尊融。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中川宮朝彦親王の関連キーワード華頂宮博経親王皇族会議浅野武経上平主税大村一秀岡本五休河島養林是一(8代)西谷淇水森下景端

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone