コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川宮朝彦親王 なかがわのみや あさひこしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川宮朝彦親王 なかがわのみや-あさひこしんのう

1824-1891 幕末-明治時代の皇族。
文政7年1月28日生まれ。伏見宮邦家親王の4男。仁孝(にんこう)天皇の養子。嘉永(かえい)5年青蓮院(しょうれんいん)門跡(もんぜき)となるが,安政5年幕府の条約調印に反対して隠居。文久3年還俗(げんぞく),八月十八日の政変を画策した。明治8年新宮号をあたえられ久邇宮(くにのみや)家初代となる。伊勢神宮祭主をつとめた。明治24年10月29日死去。68歳。幼称は富宮。別称は青蓮院宮,賀陽(かやの)宮。法名は尊応,尊融。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川宮朝彦親王の関連キーワード文久3年8月18日の政変久邇宮朝彦親王久邇宮多嘉王甘露寺妍子東久邇稔彦平井収二郎池田屋事件桐野利秋池内大学間崎滄浪明治時代森田節斎高崎正風平田丹海朝彦親王武田信発古沢滋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android