コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳熟 ニュウジュク

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐じゅく【乳熟】

稲などの実の胚乳(はいにゅう)がまだ十分に熟さず、濃い乳状をしている状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうじゅく【乳熟】

イネ・ムギなどの熟する初期の段階。実は青く胚乳が乳状をなしている時期。青熟。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乳熟の言及

【登熟】より

…一方,この時期の低温寡照や極端な乾燥は登熟を阻害し,登熟歩合ひいては収量の低下を招くものとして警戒されている。 イネ,ムギの登熟は,出穂後の時間的経過にしたがって乳熟,黄熟(おうじゆく),完熟および枯熟(過熟ともいう)の4段階に区分して記載されている。乳熟期のもみ殻および穀粒表面は,なお葉緑素を保持しているため緑色を呈し,胚乳は乳白色の液状にとどまっている。…

※「乳熟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳熟の関連キーワード南方さび病(トウモロコシ)斑点米

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android