亀の甲より年の劫(読み)カメノコウヨリトシノコウ

デジタル大辞泉の解説

亀(かめ)の甲(こう)より年(とし)の劫(こう)

《「」はきわめて長い時間。「」と「劫」と音が通じるところからいう》長年の経験が貴重であるということ。亀の甲より年の功

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かめのこうよりとしのこう【亀の甲より年の劫】

かめのこうよりとしのこう【亀の甲より年の劫】

年長者の経験は尊ぶべきである。 〔「甲かふ」と「劫こふ」の開・合の別が失われた江戸時代以後にできた諺ことわざ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android