コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長年 チョウネン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ねん〔チヤウ‐〕【長年】

[名](スル)
長い年月。ながねん。
ながいき。長寿。長命。「師の長年を寿(ことほ)ぐ」
少壮の年。成年。
「―の今継母に逢へり」〈太平記・一二〉
年限を重ねて奉公すること。重年(ちょうねん)。
「御婚礼までお着き申さうと存じまして、只今までとうとう―致しましたが」〈滑・浮世風呂・二〉

なが‐ねん【長年/永年】

長い年月。久しい間。多年。「―の習慣」「―住みなれた家」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ながとし【長年】

鳥取の日本酒。酒名は、南北朝時代の南朝方の武将・名和長年にちなむ。米子市淀江町にあった「長年酒造」の銘柄だったが、現在は「千代むすび酒造」が受け継ぐ。蔵元の「千代むすび酒造」は慶応元年(1865)創業。所在地は境港市大正町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうねん【長年】

( 名 ) スル
長い年月。ながねん。
長生き。長寿。長命。
奉公人が年期を重ねて長くつとめること。重年ちようねん。 「この家に四、五年も-するゆゑ/滑稽本・浮世風呂 2
少壮の年。 「われ少年の昔は母を失うて、-の今継母にあへり/太平記 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

長年の関連キーワード此処で会ったが百年目スタンダードナンバー年季がはいっている亀の甲より年の劫習慣は自然の如し呼寄せ高齢者甲羅が生える労を多とする水泡に帰する年季を入れる無駄骨折り渋川八幡宮無に帰するベテラン命を削る実を結ぶ地震の巣手に入る名和神社万年野党

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長年の関連情報