コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀甲打ち(読み)キッコウウチ

大辞林 第三版の解説

きっこううち【亀甲打ち】

甲冑かつちゆうなどに用いる平打ちのひもの組み方。二色以上の糸で亀甲模様を出したもので、裏は矢筈やはず模様となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android