文様(読み)もんよう

百科事典マイペディア「文様」の解説

文様【もんよう】

装飾的効果をあげるためにものの表面につけられる図形で,規則正しく繰り返される場合が多い。模様ともいうが,通常,装飾史において様式化されたモティーフ単位を学問的対象としてみる場合には〈文様〉の語が使われる。一方,工芸品に繰り返される意匠の場合は,〈模様〉と呼ばれるのが一般的である。文様による装飾は人間のなかば本能的なもので,各地各民族の間で古くから建築,工芸,服飾等多方面に用いられている。新石器時代の土器エジプトの壺絵(幾何学様式)にみられる純粋に幾何学的なもの,雷文流水文のように様式化したもの,アカンサスアラベスクパルメット等のように動植物をモティーフとしたものに大別されるが,一般に徐々に形や構成を簡略化し,抽象化される傾向がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「文様」の解説

もん‐よう〔‐ヤウ〕【文様/紋様】

調度・器物衣服などの表面に装飾された図形。同じ図柄の反復繰り返しによって構成されるものをいうことが多い。模様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「文様」の解説

文様
もんよう
pattern

模様。工芸品や建築物の表面を色彩,線,面,形象などで装飾した図様の単位。幾何学文・植物文とに大別される。また構成方法によって,単独文と連続文および地文に分けられる。単独文には単一の図文から成るものと,各要素を複合して単一の図文に構成したものとがある。連続文には有機的連続文と並列文,分散文などがある。地文は単独文が左右上下に展開して一定の面をおおうもので市松文雷文などがこれにあたる。時代,地域,民族によって,特有の図形の構成がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「文様」の解説

もんよう【文様】

物の表面を飾るためにつけられた図様を文様という。文様は紋様あるいは模様(もよう)とも書かれる。普通には,装飾史において,様式化したモティーフの単位を,その構成原理にもとづく学問的な対象としてみる場合に〈文様〉の術語を使う。これに対し,やや紋章的な感じをふくむ図文を〈紋様〉と呼び,染織などを主とする工芸品に〈型〉としてくりかえされるような意匠の場合は,一般に〈模様〉と呼ばれる。歴史的には〈光琳模様〉のように,模様という言葉は,日本では江戸時代以後に流行するようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android