武具(読み)ぶぐ

精選版 日本国語大辞典「武具」の解説

ぶ‐ぐ【武具】

〘名〙
① 戦いに用いる道具。器。特に、(よろい)(かぶと)、具足などをいう。
※宇治拾遺(1221頃)四「しかるべき武ぐを、御枕の上に置べきと沙汰ありて」
② 兜形・鍬形などの男子用淫具をいう。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)二「男へは武具を商ふ小間物や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android