コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀甲 キコウ

大辞林 第三版の解説

きこう【亀甲】

きっこう【亀甲】

〔「きこう」とも〕
亀の甲羅こうら
亀甲形 」に同じ。
家紋の一。亀甲形から転用したもの。六角形。また、その変形。
亀甲括弧 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

亀甲の関連キーワード鹿児島県南九州市知覧町郡東京都大田区田園調布とおかみえみため九十九島せんぺいマルノライト入れ替え模様キッコーマン網入りガラスいしげ結城紬毘沙門亀甲網ジュバン鼈羹・鼈羮亀のこ煎餅三つ亀甲亀甲貞宗甲骨文字大島風通二十世紀御池煎餅亀甲打ち

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀甲の関連情報