事が延びれば尾鰭が付く(読み)ことがのびればおひれがつく

精選版 日本国語大辞典「事が延びれば尾鰭が付く」の解説

こと【事】 が 延(の)びれば尾鰭(おひれ)が付(つ)

物事は、ながびくといろいろと面倒なことが起こってくる。
浄瑠璃薩摩歌(1711頃)中「それ親爺殿、奥へ連れていかっしゃれ。事がのびればおひれがつく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事が延びれば尾鰭が付く」の解説

ことびれば尾鰭おひれ

物事は、長引くと余計なことが付け加わり、面倒になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例