コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二冬極氷、二冬氷 ふたふゆきょくひょう、ふたふゆごおり young polar ice

1件 の用語解説(二冬極氷、二冬氷の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

二冬極氷、二冬氷

オホーツク海のような低緯度の海氷は、夏期に融けてしまうが、極地方の海では融けずに次の冬にさらに成長するものがある。これを二冬極氷または二冬氷とい う。二冬極氷は通常2m以上の厚さに成長する。三冬以上経過したものを多冬極氷、多冬氷または多年氷という。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二冬極氷、二冬氷の関連キーワードオホーツクオホーツク海オホーツク海気団オホーツク海高気圧オホーツク文化寒帯気団海洋気団一冬氷親潮水沿岸親潮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone