コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二股舟 フタマタブネ

デジタル大辞泉の解説

ふたまた‐ぶね【二股舟】

二股の木でつくった。一説に、2艘をつなぎ合わせた舟。
「天皇―を磐余市磯池(いはれのいちしのいけ)に泛(うか)べて」〈履中紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたまたぶね【二股舟】

へさきの二つに分かれた丸木舟とも、二艘を並べてつなぎ合わせた船ともいう。 「天皇、-を磐余いわれの市磯いちしの池に泛うかべて/日本書紀 履中訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android