コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二股舟 フタマタブネ

デジタル大辞泉の解説

ふたまた‐ぶね【二股舟】

二股の木でつくった。一説に、2艘をつなぎ合わせた舟。
「天皇―を磐余市磯池(いはれのいちしのいけ)に泛(うか)べて」〈履中紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたまたぶね【二股舟】

へさきの二つに分かれた丸木舟とも、二艘を並べてつなぎ合わせた船ともいう。 「天皇、-を磐余いわれの市磯いちしの池に泛うかべて/日本書紀 履中訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報