コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二股/二俣/二叉 フタマタ

デジタル大辞泉の解説

ふた‐また【二股/二×俣/二×叉】

もとが一つで先が二つに分かれていること。また、そのもの。「道が―に分かれる」
同時に二つの目的を遂げようとすること。また、同時に二つのものに働きかけること。「―をかける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

二股/二俣/二叉の関連キーワード大川羽鳥県立自然公園北海道山越郡長万部町三菱大夕張炭鉱と鉄道旧魚梁瀬森林鉄道東和(宮城県)江島(宮城県)プロクルステス子祭り・子祭琵琶笛・口琴長万部(町)温泉沈殿物駒井政五郎二股・二叉松下幸之助あえのこと二股大根麋角羊歯甲子待ち銀杏浮苔八双金物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android