五条兼永(読み)ごじょう かねなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五条兼永 ごじょう-かねなが

?-? 平安時代中期の刀工。
宗近(むねちか)の子とも孫ともいわれ,京都五条に居住した。五条派の代表的刀工で,現存する在銘作品に太刀(たち)2振りがある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

五条兼永

生年:生没年不詳
平安中期の刀工。永延(987~89)ごろの三条宗近の子有国の子と伝え,長元(1028~37)ごろ京五条に住した。有銘作は2口あるだけで,うち重文の1口は銘が大きく,もう1口は小さい。作風は小鋒,反りの高い優美な姿で,鍛えは板目,刃文は小乱れに小互の目を交えるが,宗近のような古調さはなく,技巧的となっている。子に国永,兼次,兼安がいるが,国永以外現存作はない。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の五条兼永の言及

【山城物】より

…山城国は鉄をまったく産出しないが,平安時代以来,文化の中心地として刀鍛冶が多く活躍し,大和,備前,相州,美濃とともに刀剣の五大生産地の一つとなっている。山城鍛冶の繁栄は平安中期から江戸初期までの長期にわたるが,永延(987‐989)のころ三条に住した三条宗近が最も古く,ついで一門の三条吉家,五条兼永,五条国永ら古京物と称される一派がおこった。鎌倉初期には《宇治拾遺物語》にも〈粟田口の鍛冶〉とあるように,粟田口派があらわれて名工が輩出し,とくに国友,久国,国安の兄弟は後鳥羽上皇の番鍛冶に選ばれている。…

※「五条兼永」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android