五条(読み)ゴジョウ

  • ごじょう ‥デウ
  • ごじょう ゴデウ
  • ごじょう〔ゴデウ〕

大辞林 第三版の解説

五つの箇条。
「五条の袈裟けさ」の略。
平安京の条坊の一。また、東西に通じる大路の名。五条大路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 五つの線。五つの筋。
② 五つの項目。五か条。
※参天台五台山記(1072‐73)二「諸律中五条皆一長一短也」
[2]
[一] (五條) 奈良県中西部の地名。吉野川の下流域にある河港。古来紀伊、大和、伊勢を結ぶ交通の要地にあたり、江戸時代は幕府直轄領となり、代官所が置かれた。吉野川流域の木材集散地として発展。天誅(てんちゅう)組の挙兵地としても知られ、栄山寺がある。昭和三二年(一九五七)市制。
[二] 京都市の市街中央部を東西に走る街路、五条通りの略。また、五条通りに沿う地帯の通称。
伊勢物語(10C前)四「むかし、東の五条に大后の宮おはしましける、西の対に住む人有りけり」
[一] 家名(姓氏)の一つ。菅原氏高辻流の庶流で、高辻為長の二男高長をとし、鎌倉中期に成立した公家。高長━長経の後、長経の二男茂長は再び分かれ、東坊城を名のる。紀伝道の家。江戸時代には家祿一七一石。相撲の司家としても知られる。五条氏。
[二] 姓氏の一つ。清原氏の一流で、鎌倉末期、亀山天皇などの侍読、大外記などを歴任した良枝の二男頼元が、南北朝の動乱に際して、懐良親王に従って九州に下向し、この頼元を祖とする。頼元は、筑前三奈木荘で没するが、その孫良遠らは同荘や筑後河崎荘矢部・大淵などを基盤に南朝方について転戦。室町期には肥後の菊池氏につき、戦国期には豊後大友氏に属す。江戸時代には柳川藩に仕えた。五条氏。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五条の関連情報