コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上新七 いのうえ しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上新七 いのうえ-しんしち

?-? 江戸時代中期の蒔絵(まきえ)師。
京都蛸薬師(たこやくし)(中京区)にすむ。宝永2年(1705)蒔絵の種類,製法をしるした「雛形ゐ井と草(ひいながたいいとぐさ)」を刊行したことで知られる。号は茶全。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android