コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上新七 いのうえ しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上新七 いのうえ-しんしち

?-? 江戸時代中期の蒔絵(まきえ)師。
京都蛸薬師(たこやくし)(中京区)にすむ。宝永2年(1705)蒔絵の種類,製法をしるした「雛形ゐ井と草(ひいながたいいとぐさ)」を刊行したことで知られる。号は茶全。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android