種類(読み)シュルイ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐るい【種類】

ある基準でみて性質・形態などが共通するものを分類し、それぞれのまとまりとしたもの。「どういう種類の本ですか」「蝶は非常に種類が多い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅるい【種類】

性質・形態など、共通の点をもつものごとに分けたそれぞれの組。 「商品を-別に陳列する」 「さまざまの-の本」 「動物の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐るい【種類】

〘名〙 性質などが共通するいくつかの個体をまとめたもの。また、共通したものによって分類した時にできるそれぞれのまとまり。いろいろなたぐい。
※令義解(833)賦役「凡辺遠国有夷人雑類〈謂。夷者。夷狄也。雑類者。亦夷之種類也〉之所」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一四「仮に其種類(シュルイ)を分て見れば、上(かみ)の恋・中(ちう)の恋・及び下(しも)の恋の三種なるべし」 〔漢書‐西夜国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

種類の関連情報