種類(読み)しゅるい

精選版 日本国語大辞典「種類」の解説

しゅ‐るい【種類】

〘名〙 性質などが共通するいくつかの個体をまとめたもの。また、共通したものによって分類した時にできるそれぞれのまとまり。いろいろなたぐい。
※令義解(833)賦役「凡辺遠国有夷人雑類。夷者。夷狄也。雑類者。亦夷之類也〉之所」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一四「仮に其種類(シュルイ)を分て見れば、上(かみ)の恋・中(ちう)の恋・及び下(しも)の恋の三種なるべし」 〔漢書‐西夜国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android