コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡き王女のためのパヴァーヌ

デジタル大辞泉プラスの解説

亡き王女のためのパヴァーヌ

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルのピアノ曲(1899)。原題《Pavane pour une infante défunte》。1910年に自身が編曲した管弦楽版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

亡き王女のためのパヴァーヌの関連キーワードアントーニオ ペドロッティ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亡き王女のためのパヴァーヌの関連情報