コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亡き王女のためのパヴァーヌ

1件 の用語解説(亡き王女のためのパヴァーヌの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

亡き王女のためのパヴァーヌ

フランスの作曲家モーリスラヴェルピアノ曲(1899)。原題《Pavane pour une infante défunte》。1910年に自身が編曲した管弦楽版もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亡き王女のためのパヴァーヌの関連キーワード夜のガスパールクープランの墓高雅で感傷的なワルツスペイン狂詩曲スペインの時道化師の朝の歌左手のためのピアノ協奏曲マ・メール・ロワ水の戯れラ・ヴァルス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亡き王女のためのパヴァーヌの関連情報