コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕掛(け)花火 シカケハナビ

デジタル大辞泉の解説

しかけ‐はなび【仕掛(け)花火】

地上に仕掛けを作って、種々の形や文字が現れるようにした花火。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仕掛(け)花火の言及

【花火】より

…これらの要素を選び時間的,空間的な変化を与えて花火が作られる。一般に花火は,その構造および用途によって,打上花火,仕掛花火,玩具花火の3種類に分類される。打上花火には割物(わりもの)(円の構図を現すもの,いわゆる菊花形花火),ポカ玉(非円の構図を現すもので,この名は玉が上空で割れるときの音からきている。…

※「仕掛(け)花火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仕掛(け)花火の関連キーワード川開き綱火

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android