地上(読み)チジョウ

デジタル大辞泉の解説

ち‐じょう〔‐ジヤウ〕【地上】

《古くは「ちしょう」》
地面の上。「地上8階建て」⇔地下
この世。「地上の楽園」
[補説]書名別項。→地上

ちじょう【地上】[書名]

島田清次郎の自伝的長編小説。大正8年(1919)、第1部「地に潜むもの」を刊行。以降、第2部「地に叛(そむ)くもの」、第3部「静かなる暴風」、第4部「燃ゆる大地」を順次刊行。また続編に「改元」がある。昭和32年(1957)新藤兼人脚色、吉村公三郎監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

地上

1957年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:島田清次郎、脚色:新藤兼人、撮影:中川芳久。出演:川口浩、田中絹代、野添ひとみ、香川京子佐分利信三宅邦子、川崎敬三ほか。第12回毎日映画コンクール女優助演賞(田中絹代)受賞。

地上

一般社団法人家の光協会が発行する業界・技術専門誌。おもに農業従事者向けの情報を紹介。1947年創刊。毎月発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちじょう【地上】

〔古くは「ちしょう」〕
地面のうえ。土のうえ。 「 -に降り立つ」
この世。 「 -の楽園」
▽⇔ 地下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐じょう ヂジャウ【地上】

〘名〙
① 仏語。初地(しょじ)以上の位。菩薩の修行の段階である五十二位のうちの、初地以上の位にあること。また、その人。
※妻鏡(1300頃か)「俗形也と云へども、地上の菩薩深位の大士也」
浄瑠璃で、上音で語る地。三味線では、ふつう三の糸を用いる。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)一「地上頼むぞやいの、とせき上てわっと計りに、泣けるが」

ち‐じょう ‥ジャウ【地上】

〘名〙
① (古くは「ちしょう」) 土地の上。地面。地表。また、この世。現世。
※菅家文草(900頃)二・南園試小楽「小児相勧分頭舞、取楽当地上仙
※わかれ道(1896)〈樋口一葉〉下「地上(チジョウ)に長き影法師」 〔易経‐比卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地上の関連情報