コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付着成長熔岩球 ふちゃくせいちょうようがんきゅうaccretionary lava ball

岩石学辞典の解説

付着成長熔岩球

球状の熔岩塊で,これは熔岩流を示しており,直径は数cmから6mくらいの範囲である.これらは粘性の高い熔岩が固体破片を核として回転して形成されたものである[Macdonald : 1943, 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

付着成長熔岩球の関連キーワード球状

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android