範囲(読み)はんい

精選版 日本国語大辞典「範囲」の解説

はん‐い ‥ヰ【範囲】

〘名〙
① 一定のきまった広がり。限られた領域。さかい。限度。区域。
※本朝文粋(1060頃)三・詳春秋〈大江以言〉「陽霊陰魄、定于先而範囲」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「境遇の許す範囲で」 〔易経‐繋辞上〕
② 特定のきまり。規定。〔布令字弁(1868‐72)〕
※郵便報知新聞‐明治一〇年(1877)一二月八日「該犯は改正鳥獣猟規則第二条同八条に照し両条共第十七条範囲内にて各自科金申付可然哉」
③ 統計学で、資料の散らばりを示すために用いる数値の一つ。資料の値の最大のものと最小のものとの差のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「範囲」の解説

はん‐い〔‐ヰ〕【範囲】

ある一定の限られた広がり。ある区域。「広い範囲に渡る」「できる範囲で協力する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android