範囲

大辞林 第三版の解説

はんい【範囲】

〔溶かした金属を鋳型に流し込んで形を整えること、の意〕
特定の領域・限度の中。 「勢力-」 「被害は広い-にわたる」 「知っている-で答える」
きまり。規則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐い ‥ヰ【範囲】

〘名〙
① 一定のきまった広がり。限られた領域さかい限度。区域。
※本朝文粋(1060頃)三・詳春秋大江以言〉「陽霊陰魄、定于先而範囲」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「境遇の許す範囲で」 〔易経‐繋辞上〕
特定のきまり。規定。〔布令字弁(1868‐72)〕
※郵便報知新聞‐明治一〇年(1877)一二月八日「該犯は改正鳥獣猟規則第二条同八条に照し両条共第十七条範囲内にて各自科金申付可然哉」
統計学で、資料の散らばりを示すために用いる数値の一つ。資料の値の最大のものと最小のものとの差のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

範囲の関連情報