コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊那佐の山 イナサノヤマ

デジタル大辞泉の解説

いなさ‐の‐やま【伊那佐の山】

奈良県中東部、宇陀市にある山。標高638メートル。
「―の樹(こ)の間よも、い行きまもらひ戦へば」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いなさのやま【伊那佐の山】

奈良県北東部、宇陀うだ市榛原はいばら区の南部にある山。いなさやま。 「楯たた並めて-の樹の間よも/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊那佐の山の関連キーワード楯並めて古事記守らふ並む

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android