宇陀市(読み)うだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇陀〔市〕
うだ

奈良県北東部,大和高原に位置する市。西端に竜門山地があり,北東部は三重県名張市に接する。中央から北側を東へ向かって宇陀川が流れる。 2006年大宇陀町,榛原町,菟田野町,室生村が合体して市制。面積のほとんどが山林で,スギやヒノキを産し,木工品の加工業も盛ん。ホウレンソウなど農業や花卉栽培も行なわれる。西部の大宇陀は吉野葛の集散地として,南部の菟田野は毛皮加工業で全国屈指の産地として知られる。南西部の松山,菟田野,北部の萩原は,古くから伊勢街道沿いの宿場町として栄えてきた集落で,宇太水分神社室生寺など国宝を有する建造物がある。森野旧薬園,松山西口関門,見田・大沢古墳群大野寺石仏は国指定史跡。カザグルマ自生地,八ツ房スギ,室生山暖地性シダ群落,向淵スズラン群落など,国指定を受ける天然記念物も数多い。室生ダムなど市域の一部は室生赤目青山国定公園に属する。近畿日本鉄道大阪線,国道 166号線が通り,萩原は国道 165号線,369号線の交点,370号線の起点。面積 247.5km2。人口 3万1105(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇陀市の関連情報