コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊香保の沼 イカホノヌマ

デジタル大辞泉の解説

いかほ‐の‐ぬま【伊香保の沼】

榛名湖古称。[歌枕]
「まこも生ふる―のいかばかり波越えぬらん五月雨の頃」〈新後拾遺・夏〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いかほのぬま【伊香保の沼】

榛名湖の古名という。⦅歌枕⦆ 「いかほのや-のいかにして恋しき人を今一目見む/拾遺 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の伊香保の沼の言及

【榛名湖】より

…面積1.2km2,湖面標高1084m,周囲5km,最深部12.5m。古くは〈伊香保の沼〉と呼ばれ,東岸の円錐形の榛名富士を水面に映す。冬は一面結氷してワカサギの穴釣りの名所として知られ,スケートリンクも設けられている。…

※「伊香保の沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊香保の沼の関連キーワード松岡 映丘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android