コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新後拾遺和歌集 シンゴシュウイワカシュウ

2件 の用語解説(新後拾遺和歌集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんごしゅういわかしゅう〔シンゴシフヰワカシフ〕【新後拾遺和歌集】

南北朝時代の勅撰和歌集。20巻。天授元=永和元年(1375)後円融天皇の勅により、二条為遠二条為重が撰し、元中元=至徳元年(1384)成立。二条良基仮名序があり、歌数約1550首。代表歌人は良基・藤原定家藤原為氏など。新後拾遺集

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんごしゅういわかしゅう【新後拾遺和歌集】

第二〇番目の勅撰和歌集。二〇巻。足利義満執奏、後円融上皇下命、二条為遠撰。為遠没後は二条為重が引き継ぎ完成。1383年成立。約一五五〇首。二条良基の仮名序を有する。新後拾遺集。新後拾遺。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone