新後拾遺和歌集(読み)シンゴシュウイワカシュウ

デジタル大辞泉の解説

しんごしゅういわかしゅう〔シンゴシフヰワカシフ〕【新後拾遺和歌集】

南北朝時代の勅撰和歌集。20巻。天授元=永和元年(1375)後円融天皇の勅により、二条為遠二条為重が撰し、元中元=至徳元年(1384)成立。二条良基仮名序があり、歌数約1550首。代表歌人は良基・藤原定家藤原為氏など。新後拾遺集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんごしゅういわかしゅう【新後拾遺和歌集】

第二〇番目の勅撰和歌集。二〇巻。足利義満執奏、後円融上皇下命、二条為遠撰。為遠没後は二条為重が引き継ぎ完成。1383年成立。約一五五〇首。二条良基の仮名序を有する。新後拾遺集。新後拾遺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんごしゅういわかしゅう シンゴシフヰワカシフ【新後拾遺和歌集】

南北朝時代にできた、二〇番目の勅撰和歌集。永和元年(一三七五)の後円融天皇の命により、二条為遠が撰。その死後、二条為重がつぎ、至徳元年(一三八四)に最終的に成立した。二〇巻。歌数は一五五四首。二条良基執筆の仮名序を有する。代表歌人は良基、二条為定、後円融天皇、為重、足利義満、尊氏、藤原定家など。新後拾遺集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android