休み休み(読み)ヤスミヤスミ

デジタル大辞泉の解説

やすみ‐やすみ【休み休み】

[副]
時々休みながら続けるさま。「休み休み荷物を運ぶ」
考え考え、ある事をするさま。非難の気持ちをこめて用いる。「ばかも休み休み言え」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やすみやすみ【休み休み】

( 副 )
途中で何度も休みながら。何度も休憩をして。 「 -山を登る」
よく熟慮して。考え考え。非難の意をこめて用いる。 「冗談も-言え」 「馬鹿も-言え」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

休み休みの関連情報