コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝導電流 デンドウデンリュウ

デジタル大辞泉の解説

でんどう‐でんりゅう〔デンダウデンリウ〕【伝導電流】

導体や半導体内、または真空中において、自由電子電界の力を受けて移動することにより生じる電流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伝導電流の言及

【電流】より

…なお,金属などを伝わって流れる定常電流に対しては,両端の電位差との間にオームの法則が成立する。
[電流の種類]
 導体の中を電流の担い手が移動することによって生ずる電流を伝導電流といい,ふつう電流という場合にはこれを指す。金属やn型半導体では電流の担い手は電子であり,p型半導体では正孔である。…

※「伝導電流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伝導電流の関連キーワードジョセフソン・コンピュータ定常状態(物理学)ジョセフソン効果マイスナー効果磁束量子変位電流運搬電流

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android