電界(読み)でんかい

デジタル大辞泉の解説

でん‐かい【電界】

電荷電気力の働く空間。空間内のある点で、単位電荷に働く電気力を電界の強さ、力の向きを電界の向きという。電場(でんじょう・でんば)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐かい【電界】

〘名〙 帯電した物体のまわりで、電荷に対して力を及ぼす空間およびその作用。一クーロンの電荷に及ぼす力の強さおよびその向きでその作用を表わす。電場(でんば)。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電界の言及

【電場】より

…電界ともいう。コンデンサーの両極板の間に電荷をおくと,電荷に電気的な力が働く。…

※「電界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電界の関連情報