コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相差 イソウサ

デジタル大辞泉の解説

いそう‐さ〔ヰサウ‐〕【位相差】

二つの振動または波動位相の差。角度に相当する量で示す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の位相差の言及

【光】より

…同一振動数の二つの光の振幅を偏光方向を含めてE1E2とするとき,重ね合わせた光の強度は,E12E22+2E1E2cosδ21となる。ここでδ21を二つの光の位相差という。二つの光の振幅と偏光方向とが等しく,山と山,谷と谷とが重なる条件は,δ21=2mπ(m=0,1,2,……)であり,このとき重ね合わせた光の強度は個々の強度の4倍となる。…

※「位相差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

位相差の関連キーワード位相差オートフォーカス位相差顕微鏡検査法オートフォーカス位相差検出方式バビネの補正板リサジュー図形位相差検出AF大洋エレックスフレネル菱面体パッシブ方式位相(物理)書き込み補正位相差検出法エアリーの式位相差顕微鏡レーザー測距久保田 広デッカ航法光学顕微鏡オメガ航法

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位相差の関連情報