二つ(読み)フタツ

デジタル大辞泉の解説

ふた‐つ【二つ】

数の名。一つの次、三つの前の自然数。に。ふう。2個。
両者。双方。「二つを比較検討する」
2歳。
2番目。第2。「一つには将来性、二つには安定性」

ふたつ‐がわら〔‐がはら〕【二つ×𦨞/二つ瓦】

平安・鎌倉時代、大型平田舟の構造上の名称。胴部船瓦(ふながわら)を二材にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたつ【二つ】

数の名。ひとつより一多い数。
物の数。二個。 「りんごが-」 「世論が-に割れる」
二歳。 「 -になったばかり」
二番目。第二。 「一つには誠実、-には努力」
[句項目] 二つと無い 二つに一つ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふた‐つ【二つ】

[1] 〘名〙 (「つ」は接尾語)
① 数の名。二。
(イ) 二個。ふう。
※書紀(720)大化五年三月・歌謡「山川に鴛鴦(をし)(フタツ)居てたぐひよくたぐへる妹を誰か率にけむ」
(ロ) 両方。双方。一つならず二つ、という意味合いで用いる。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「見捨ててゆかむも、哀にうしろめたく、覚ゆることのふたつなければ」
② 二番め。第二。
※古今(905‐914)仮名序「ひとつには、そへうた〈略〉ふたつには、かぞへうた」
③ 年齢で、二歳。
※源氏(1001‐14頃)手習「ここに侍人の子の二ばかりにはべしを」
[2] 〘副〙 ふたたび。かさねて。もう一度。
大鏡(12C前)三「又ふたつこと人みるといふことは、あるべきにもあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二つの関連情報