二つ(読み)フタツ

デジタル大辞泉の解説

数の名。一つの次、三つの前の自然数。に。ふう。2個。
両者。双方。「二つを比較検討する」
2歳。
2番目。第2。「一つには将来性、二つには安定性」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「つ」は接尾語)
① 数の名。二。
(イ) 二個。ふう。
※書紀(720)大化五年三月・歌謡「山川に鴛鴦(をし)(フタツ)居てたぐひよくたぐへる妹を誰か率にけむ」
(ロ) 両方。双方。一つならず二つ、という意味合いで用いる。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「見捨ててゆかむも、哀にうしろめたく、覚ゆることのふたつなければ」
② 二番め。第二。
※古今(905‐914)仮名序「ひとつには、そへうた〈略〉ふたつには、かぞへうた」
③ 年齢で、二歳。
※源氏(1001‐14頃)手習「ここに侍人の子の二ばかりにはべしを」
[2] 〘副〙 ふたたび。かさねて。もう一度。
※大鏡(12C前)三「又ふたつこと人みるといふことは、あるべきにもあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二つの関連情報