コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低フィブリノーゲン血症 ていフィブリノーゲンけっしょうhypofibrinogenemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低フィブリノーゲン血症
ていフィブリノーゲンけっしょう
hypofibrinogenemia

フィブリノーゲン減少症ともいう。血清中のフィブリノーゲンの正常値は 200~600mg/dlであるが,これが 150以下を低フィブリノーゲン血症,10以下を無フィブリノーゲン血症という。先天性と後天性とがある。フィブリノーゲンは血液凝固に欠かせない因子であるから,これが減少すると臨床的に出血症状を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低フィブリノーゲン血症の関連キーワード血餅収縮試験

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android