コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低燃費 テイネンピ

デジタル大辞泉の解説

てい‐ねんぴ【低燃費】

燃費(燃料消費率)が低いこと。特に、自動車・オートバイについていう。「低燃費の軽自動車」
[補説]仕事量に対して必要な燃料の量(燃料消費率)が低いことで、仕事量(燃料1リットルあたりの走行キロ数)が低いことではない。「低燃費(車)」と「燃費がよい(車)」は同じ意味合いで使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

低燃費の関連キーワード4AELUエンジン(トヨタカリーナFF4ドアセダン搭載)ホンダ 可変シリンダー(V6 3.0L i日野RU1J型ディーゼル・電気ハイブリッドバス4G93(筒内噴射ガソリンエンジン:GDI)三菱ふそう キャンター エコ ハイブリッド三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)INVECS三菱ふそう MIQCS燃焼システム小型トラック用ハイブリットシステム三菱ふそう スーパーグレートスチレン・ブタジエンゴムジェボンズのパラドックスホンダ ジョルノクレア日産ディーゼル クオンMr.マイク・ただしレクサス LS400リージョナルジェットアトキンソンサイクルダイハツCLエンジン本田技研工業(株)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低燃費の関連情報