燃費(読み)ネンピ

デジタル大辞泉「燃費」の解説

ねん‐ぴ【燃費】

機械がある仕事量をこなすのに必要な燃料の量。自動車では燃料1リットルでの走行キロ数で示す。燃料消費率。「燃費のよい車」
あることに使用する燃料の費用。燃料費。「燃費がかさむ」
[補説]1で、自動車の燃料1リットルでの走行キロ数が大きいほど「燃費のよい車」といえる。→低燃費[補説]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「燃費」の解説

ねん‐ぴ【燃費】

〘名〙 ある距離を走ったり、ある仕事量をこなしたりするのに使用する燃料の量。また、その費用。
※マイ・カー(1961)〈星野芳郎〉二「できるだけ少ない燃費で乗用車を運転するには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の燃費の言及

【燃料消費率】より

…燃費ともいう。内燃機関などの原動機において,発生する機械エネルギーに対する消費燃料の割合をいう。…

※「燃費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android