コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使用許諾契約書 しようきょだくけいやくしょ

2件 の用語解説(使用許諾契約書の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

使用許諾契約書

ソフトウェアを利用する際に、利用者が守るべきことが記載された契約書。主な内容に、ソフトウェアの使用範囲(パソコン1台にだけインストール可、など)、譲渡の可否などがある。記載されていることに同意できない場合は、そのソフトウェアを使用することはできない。ソフトウェアの梱包を開けることで契約事項に同意したものとみなすものが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

しようきょだくけいやくしょ【使用許諾契約書】

ソフトウェアを使用する際に遵守すべき条件などが書かれた契約書。ソフトウェアに電子的に格納されていて、インストールする際に提示されることが多い。契約内容とともに「同意する」「同意しない」と記されたボタンが表示され、「同意する」をクリックするとインストールが開始される。◇「ソフトウェア使用許諾契約書」「EULA(ユーラ)」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使用許諾契約書の関連キーワードアクティベーション業務ソフトフリーソフトウェアソフトウエアハウスフリーソフトウエアカスタムソフトウエアソフトウエア使用許諾契約オーサリング・ソフトウェア

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

使用許諾契約書の関連情報