コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊乗坊重源 しゅんじょうぼうちょうげん

防府市歴史用語集の解説

俊乗坊重源

 真言宗[しんごんしゅう]の僧で、61歳の時に焼け落ちた東大寺を再建する責任者になります。宋[そう]の国の技術者陳和卿[ちんなけい]に協力してもらい、大仏や大仏殿などを再建しました。そののちの1206年、86歳で息をひきとります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊乗坊重源 しゅんじょうぼう-ちょうげん

重源(ちょうげん)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

俊乗坊重源の関連キーワード大山田[村]久保利世阿弥陀寺物部為里桜島国宗宮野荘天竺様周防国勧進聖大仏様大山田重源

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android