コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏 だいぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大仏
だいぶつ

像高が1丈6尺 (丈六,約 4.85m) 以上ある大きな如来形の仏像。インド,アフガニスタン,中央アジア,中国,朝鮮,日本など各国で大仏の造立が行なわれたが,最大を誇ったアフガニスタンのバーミアーン磨崖大仏 (53m) は 2001年3月にイスラム原理主義組織タリバンによって完全に破壊された。現存のものでは中国の竜門千奉寺の盧舎那 (るしゃな) 大仏が著名。日本では歴史的には,東大寺,河内の太平寺,近江の関寺鎌倉高徳院,京都の雲居寺の大仏が著名であったが,現存するのは東大寺,鎌倉の大仏のみ。東大寺の大仏 (毘盧舎那仏,14.87m) は,初め天平勝宝4 (752) 年に開眼供養が行なわれたが,治承4 (1180) 年平重衡の兵火で焼失,重源上人らにより再興。のち永禄 10 (1567) 年に松永久秀の兵火で焼亡し,元禄5 (1692) 年公慶上人らによって再建,現在に及んでいる。大仏台座の蓮弁の一部に毛彫で表した創建当初の蓮華胎蔵世界図がある。鎌倉の大仏 (阿弥陀如来,11.5m) は建長4 (1252) 年の建立で,当初は殿堂があったが室町時代に倒壊し,以後露仏となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大仏【だいぶつ】

仏像のうち丈六(立像で1丈6尺,約4.8m)よりも大きなものをいう。インド,西域,中国では古くから造られ,インドのカシアの石造涅槃(ねはん)像(6m余),スリランカのアウカナの石像(14m),ミャンマーのペグーの横臥大仏,アフガニスタンのバーミヤーンの磨崖石仏(53m),中国では敦煌(とんこう)千仏洞雲崗・竜門の石窟像などが知られ,日本では鞍作止利(くらつくりのとり)の銅造丈六釈迦像,奈良大仏(銅造,14.9m,座像),鎌倉大仏(銅造,11.5m,座像)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいぶつ【大仏】

仏像のうち特に巨大なものを大仏という。紀元1世紀ころ,北西インドのガンダーラおよび中インドのマトゥラーで,初めて仏陀釈迦の像が造られた。それは仏陀一代の生涯を物語る仏伝図にまず現れた。仏陀は群衆の中で説法する姿で表現され,その像容は群衆のそれとほとんど変わらないものであった。しかししだいに,ひと目見ればこれが仏陀であるとわかるような,際立って大きな表現がとられるようになった。ここに仏陀存在の強調と誇張が始まったのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おさらぎ【大仏】

姓氏の一。

だいぶつ【大仏】

巨大な仏像。丈六(像高約4.8メートル)以上のものをいう。奈良東大寺の盧遮那仏るしやなぶつ、鎌倉長谷高徳院の阿弥陀仏が特に有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大仏
だいぶつ

巨大な仏像。普通、像高が丈六(約4.8メートル)、坐像(ざぞう)では半分の8尺以上ある仏像の総称。石造、塑造、銅造、木造などがあるが、大きさの関係から石仏が多く、像容には立像、坐像、倚(い)像、臥(が)像などがある。早くからインドなどでつくられ、法顕や玄奘(げんじょう)の旅行記にも各地の大仏についての記事がみられる。インドのカシア(クシナガラ)の涅槃(ねはん)像(7メートル)、カーンヘリー石窟(せっくつ)の立像(7メートル)、アフガニスタンではバーミアンの磨崖(まがい)仏(摩崖仏)2体(38メートル、55メートル)が著名である。ただし、バーミアンの大仏2体は2001年タリバン政権により破壊され失われた。ミャンマーにも40メートルの巨像があるなど東南アジア各地でつくられている。中国でもきわめて多く、50メートルの像が敦煌(とんこう)でつくられたと記録にある。現存する敦煌莫高窟(ばっこうくつ)の南大仏・北大仏の2像、雲崗(うんこう)石窟の北魏(ほくぎ)時代造像の石仏、竜門石窟の北魏から唐代にかけてつくられた大仏、麦積山(ばくせきざん)の石仏などが知られている。朝鮮半島にも灌燭寺(かんしょくじ)、金山寺(きんざんじ)の弥勒(みろく)仏がある。
 日本では東大寺の銅造盧遮那仏(るしゃなぶつ)坐像(奈良の大仏、約15メートル、8世紀、国宝)、高徳院の銅造阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像(鎌倉の大仏、約11.5メートル、13世紀、国宝)、奈良県長谷寺(はせでら)の木造十一面観音(かんのん)立像(約8メートル、16世紀)、京都方広寺の乾漆盧遮那仏像(京都大仏、現存せず、当初24メートル、16世紀末)などがよく知られ、そのほか各地に「何々大仏」と俗称される像がある。たとえば大分県下に散在するもの、栃木県の大谷(おおや)磨崖仏なども大仏としての大きさを備えている。大仏造立の意図は、存在の強調で仏の偉大さを表現し、また遠くからの礼拝(らいはい)も可能にするなど、仏の守護が遠くに及ぶようにとの意もあり、かつ造立者の権力誇示に役だてたと推測される。なお東大寺の大仏に加えて、河内(かわち)国(大阪府)智識寺(ちしきじ)の観音像(約18メートル、現存せず)と、近江(おうみ)国(滋賀県)関寺(せきでら)の弥勒仏(約6メートル、現存せず)を天下の三大仏と称したこともある。[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大仏の言及

【雲岡石窟】より

…第5洞は座仏の石窟で,第6洞塔柱窟と一対をなし,第5洞は文成帝(在位452‐465)をしのんでいとなまれたという説があるが,ともに竜門様式に近づいている。第7,第8洞は前後2室の同規模窟からなり,大仏をおかず,列龕ばかりで壁面を構成し,計画的に設計された建築的構成を示している。時期は最初にひらかれた大仏窟である曇曜窟と併行か,やや下るとされる。…

【鎌倉時代美術】より


[南都復興と鎌倉彫刻]
 1180年(治承4)平氏による南都の焼打ちはどちらかといえば偶発的なものであるが,東大寺と興福寺の二つの強大な古代寺院の壊滅は文化史上の大事件であり,その復興造営は鎌倉美術の歩みを急激に早めた感がある。まず東大寺でみれば,入宋三度を自称する勧進聖人重源の努力によって85年(文治1)大仏が復興されたが,その鋳造には宋人の仏工陳和卿(ちんなけい)の技術的参与がある。90年(建久1)に大仏殿が上棟,96年には大仏をめぐる脇侍や四天王などの巨大な木像群と同種の石像群がつくられた。…

【金銅仏】より

… 日本に百済から仏教が公伝したのは538年であるが,《日本書紀》によれば仏教初伝時に〈釈迦仏金銅像一軀〉がもたらされている。日本最初の本格的造仏で609年(推古17)完成と推定される飛鳥寺金銅丈六釈迦像,623年製作の法隆寺金堂釈迦三尊像(鞍作止利(くらつくりのとり)の作)以下,7世紀末から8世紀初めの薬師寺薬師三尊像,752年(天平勝宝4)開眼の東大寺大仏まで,飛鳥,白鳳,天平期の造仏は金銅仏を中心として展開し,この期が日本の金銅仏製作の最盛期である。この時代にはこれら国家的規模の大像の造立以外に像高30cm前後の小像も多く作られ,これを特に小金銅仏という。…

【実忠】より

…8世紀後半期の東大寺財政の危機に当たり収支を勘校して成果をあげ,あるいは造東大寺司の財政面にも良弁の目代として敏腕を振るい,財政運営に大きな功績をあげた。東大寺の造営修理についても,763年(天平宝字7)から771年(宝亀2)にわたって高さ11丈の大仏の光背を造り,大仏殿の天井を1丈上方に切り上げて光背を立て,764年には高さ8丈3尺の巨大な露盤を東塔に据えた。同年の恵美押勝の乱に当たっては良弁の命で新薬師寺の西野に土塔を建立,また称徳女帝発願の百万塔を納める塔の雛形を創案し,十大寺の小塔院はこれによって建立された。…

【仏像】より

…そのころ造寺・造仏関係の工人たちの渡来も伝えられ,日本の仏像はまさに半島のそれの輸入,直模であったといってよいであろう。正史の伝える日本での本格的な造像の最初は,606年(推古14)の飛鳥(あすか)寺本尊,金銅丈六釈迦像で,これは損傷・補修甚だしい状態であるが同寺に伝世する像(飛鳥大仏)にあたると考えられている。これらの仏像の様式は半島経由とはいいながら,中国の6世紀前半の様式を忠実に学ぶもので,材料としては銅と木が主体であった。…

※「大仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大仏の関連キーワード石川県鳳珠郡穴水町乙ケ崎千葉県千葉市稲毛区長沼町茨城県牛久市久野町バーミヤン仏教遺跡妙法院宮常胤法親王岐阜県岐阜市大仏町富山県高岡市大手町青森県弘前市石川経済の時代の終焉クエンセルポダン鎌倉大仏殿跡興福寺仏師職聚楽園公園長谷の大仏稱好軒慈敬奈良名所北条貞直野尻抱影大仏商法大仏開眼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大仏の関連情報